G-Style失敗したくない幹事さんのための情報メディア「貸切パーティー&ケータリング プラス」

  • Twitter
  • facebook
  • LINE@

2016.08.01 -

豆知識

世界の人気ビールで盛り上がろう!

ビールをこよなく愛するビール党の皆さん!
お気に入りの銘柄は何ですか?
ビールの好みは人それぞれ。
最近では、ご当地ビールなど人気が高まっていますね。
世界にはなんと10,000種類以上のビールがあると言われています。
そしてビールの分類も、最もメジャーなラガーをはじめとして多岐にわたります。

日本にもたくさんの種類のビールがありますが、外国のビールを試したことはありますか?
ここでは世界で人気があるビールをご紹介します。

堂々の一位!バドワイザー

こちらは、みなさんにも馴染みがあるビールですね。
バドワイザーを販売するアンハイザー・ブッシュ・インヘブ社はベルギーのメーカー。
2008年にインヘブ社が、「バドワイザー」を主力商品にしていたアメリカのアンハイザー・ブッシュ社を買収し、現在では世界のビールシェア25%超を誇ります。
バドワイザーは、世界80か国以上で販売され、広く愛されています。

バドワイザーの飲み口は「軽快でまろやかな喉越し」
サラッと飲みやすいのが特徴です。
ブナの木製法により、フルーティな香りが楽しめるバドワイザーは女性にも人気。
缶を片手に、みんなで「かんぱーい!」
ワイワイと楽しい雰囲気にバドワイザーはマッチします。
まさにKING OF BEERと呼べるでしょう。

ハイネケン

創業142年。オランダ、アムステルダムの小さな会社から、今や世界192か国で愛されるビールを作り出したハイネケン社。
主要銘柄は、もちろん社名と同じハイネケン。

麦芽100%で、コクと飲みやすさのバランスのとれた味わいが特徴です。
苦みも少なく喉越しがさっぱりとしているので、洋食、和食を問わず様々なシーンで活躍する優秀ビール。
グラスに移せば、きらきらとした透明感のある琥珀色が、最高の雰囲気を演出してくれます。
ロマンチックなディナーにもおすすめですよ。

黒ビールといえば…

黒ビールといえば、やはりギネス!という方も多いかもしれません。
最近では日本でもギネスビールが飲めるお店も増え、根強いファンも増えてきました。
ギネス社は1756年にアイルランドで創業されたビール製造会社。
現在では、イギリス、アイルランドに限らず、世界各国で愛されています。

ギネスビールの特徴は、何といってもこの色とクセになる苦み。
なぜビールが黒いのでしょう?
それはほかのビールと醸造過程が違うのです。
他のビールは、醸造過程において麦芽を焙煎します。
それに対してギネスビールは、麦芽が発芽する前の大麦を焙煎。
この工程により、独特な深い琥珀色と奥深い苦みを生み出すことができるのです。

グラスに注げばきめ細やかな泡と深い琥珀色のビールが美しく二層に別れ、見た目にも飲み手をワクワクさせてくれます。
口の中に広がる芳醇な味わい。
世界のビール党をうならせるビールなのです。
一度飲んだら病みつきになるかもしれません。

パーティーに欠かせないビール

忘年会や新年会などの大人数が集まるパーティーでは、ビールは欠かせないアイテムですね。
上司や同僚と「乾杯!」でグラスを合わせたり、
また取引先の方にお酌をして懇談のきっかけを演出したり、
ビールはコミュニケーションツールとしても活躍してくれます。
美味しいだけじゃない!優秀な存在なのです。

世界のビールをパーティーに

世界のビールをパーティーに取り入れてみてはいかがでしょうか?
最近は、ワインやシャンパンが中心の流れもありますが、定番と思われてきたビールも種類を増やせば、違った趣向で楽しめます。
日本のビールとの飲み比べやテイスティングで盛り上がること間違いありません。
いつもとは一味違った世界のビールで素敵なパーティーが演出できますよ。

パーティードリンクについての相談はこちら→貸切パーティー.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

G-Styleの最新の話題をお届けします。