G-Style失敗したくない幹事さんのための情報メディア「貸切パーティー&ケータリング プラス」

  • Twitter
  • facebook
  • LINE@

2016.08.05 -

豆知識

英語でパーティーの種類を知ろう

大小さまざまなパーティーを行う文化のある国では、それに合わせてさまざまなパーティーの種類を表現する言葉があります。
ホームパーティー・誕生日パーティー・婚活パーティーなど、あなたはパーティーの種類を英語で表現できますか?
さらっと正しい英語表現を使える人はスマートで格好良いですよね。
一方で、間違った英語を使ってしまった人は、恥をかいてしまうことも…。
今回はいまさら人には聞けない、パーティーの種類を英語でご紹介します!

一覧でわかる!パーティーの種類を英語で表現

パーティーにはフォーマルからプライベートまで、細かく分類していくと数えきれないほどの種類があります。
ほんの一部ですが、日本でよく行われるパーティーを英語で表現した場合の一覧がこちらです。
案外簡単な言葉で表現できることがわかりますね。

それって実は間違い?英語表現の注意点

一覧を見て頂くと、「ん?」と思う表現があるかもしれません。
ホームパーティー(home party)という言葉、実は和製英語なんです。
勘違いしがちですが、英語ではhouse partyと表現します。
近年、日本でもよく行われるようなった持ち寄りのhouse partyはpotluck partyと呼びます。

また結婚披露宴などの非常にフォーマルなお祝いの場合はreceptionという言葉を使います。
例えば、結婚披露宴はwedding receptionと表現します。
wedding partyと表現してしまいそうですが、ネイティブスピーカーは滅多に使いません。

英語と日本語のニュアンスの違い

ニュアンスの違いにも注意が必要。
いわゆる婚活パーティーを英語で表現すると、matchmaking partyが最も近い表現です。
matchmaking partyは婚活している人や、単純に素敵なパートナーを探している人が集まるパーティーを意味します。
つまりすぐに結婚までは考えていないけど、彼氏・彼女を探している人も居る可能性があるということ。
グローバルなmatchmaking partyには認識の違いがないか確認が必要かもしれません。

グローバルなパーティーも楽しむ!

パーティーの種類の英語表現とよく使われるフレーズをご紹介しました。
「英語でどう表現すれば?」と一瞬迷ってしまうようなパーティーも、意外にも簡単に表現できます。
英語が苦手な人は、こういったワード以外にいくつか英語のフレーズを知っておくと、ネイティブスピーカーとの会話が弾みます。
グローバルなパーティーもぜひスマートに楽しんでください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

G-Styleの最新の話題をお届けします。