G-Style失敗したくない幹事さんのための情報メディア「貸切パーティー&ケータリング プラス」

  • Twitter
  • facebook
  • LINE@

2016.11.15 -

季節の特集

クリスマスも仕事?会社でクリスマス会を楽しもう!

師走は何かと忙しいですよね。
クリスマスにも仕事、そして残業ありという方は多いのではないでしょうか。
そこで、いつも一緒に仕事をしている上司、部下、仲間と『会社で』クリスマスパーティーを開催してはいかがでしょうか?
忘年会や新年会には参加しにくい小さなお子さんがいる方も、まだ仕事が残っているという方も、できれば全員参加で楽しめたらいいと思いませんか。
忙しい師走だからこそ、会社で素敵な時間を演出してみてはいかがでしょう?
そこで今回は、会社でクリスマスパーティーを楽しむ企画をご紹介します。

まずは企画と準備


空き会議室など、ある程度まとまった人数が入れる部屋を確保し、ビールやワイン、ソフトドリンクを用意。
子供用プールくらいの大きさの入れ物に大きい氷を入れたりして冷やしておき、自由に好みのドリンクを選んでいただきます。
フードは個包装のお菓子類とか、フィンガーフードのように、取り皿なしでつまめるようなものをケータリング。
クリスマスだからケーキも欲しいですね。
気軽に手を出せる、スティックケーキがオススメです。

社内全体にパーティーのお知らせを


そして、このクリスマスパーティーの会場と開始時刻、おおよその時間開催時間などを告知しておき、それぞれの仕事の状況に合わせて会場に立ち寄ってもらうという形式で企画を進めましょう。
仕事中の人でも、ほんの30分くらい抜けて参加してまた仕事に戻れるかも?
予定がある人でも帰りがけに少し寄って乾杯に参加してくれるかもしれません。
混雑が予想されそうであれば、1時間ずつ原則部署単位で入場時間を区切ってみるのも手です。

 


パーティー会場では普段接触がない他部署の人や、常駐している協力会社の方、雇用形態の違う人などとコミュニケーションが取れるチャンス。

どこから参加しても楽しみながら交流できるような企画も準備すれば盛り上がるはずです。
例えば、30分間くらいで終わる「社長とジャンケンポン」とか、ゲーム大会のようなお楽しみがあると、より親しく交流できますね。

楽しみ方はそれぞれあっていい


思い切りパーティーを楽しむも良し、パーティーをきっかけとして気の合った少人数で飲み直したりご飯を食べに行ったりするも良し。
会社で行うクリスマスパーティーだからこそ気軽に参加できて、ほろ酔いで仕事に戻っても許されて…なんて事ができそうですね。

幹事という役割を楽しもう


大人数でのお店確保が難しい、全員参加なんて予定が合わなくて無理などの理由であきらめてしまうようなクリスマスパーティーでも、この際手配や準備を楽しんでしまえば良いのではないでしょうか。
社内を会場にすれば、外でパーティーするよりも経済的かも?
費用は会社全体の行事ということで、福利厚生としてお願いするのも良いかもしれません。
もしも社内で「親睦会費」というような積み立てをしていたりしたら、ここで使い切るチャンス。

幹事さんの負担軽減にケータリングを利用してみませんか?
ケータリングをお願い出来るサイト「ケータリングスタイル」
同じ会社で働く仲間と、ぜひとも親睦を深めて、楽ひとときを過ごしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

G-Styleの最新の話題をお届けします。