G-Style失敗したくない幹事さんのための情報メディア「貸切パーティー&ケータリング プラス」

  • Twitter
  • facebook
  • LINE@

2016.12.28 -

メニュー

女性にも嬉しいヘルシーメニュー

今年も残すところあと僅か…
この時期は忘年会やクリスマスパーティーで飲んだり食べたりする機会が増えますが、楽しい宴の翌日は体重増加で自己嫌悪…なんて方も多いのでは?
特に女性の皆さんはおいしい料理や飲み物を前にカロリーを気にして、なかなか楽しい時間を過ごすのは難しいですよね。
でも、食べる順番やチョイスを考えながら食べると翌日の自己嫌悪が解消されかもしれません。
どの様に工夫すればよいのかを見ていきましょう!

よく噛んでゆっくり食べる

皆さんもよく耳にするこの言葉、手っ取り早く実践出来る方法です。
満腹中枢に「満腹になった」信号が届くまでに30分近くかかると言われていますが、自分の許容範囲以上の量を食べない為にも「よく噛んでゆっくり食べる」と言うことが大切です。

また、最近よく耳にする「血糖値」。
少し専門的な話になりますが、血糖値とは血液中のグルコース(ブドウ糖)の量を測ったもので、グルコースは体にとって大切なエネルギー源です。
食事を取ると血糖値は上昇し、その上昇する過程で膵臓から分泌されるインスリンが血糖値の上昇を抑制する働きをします。
ただ、重要な働きの一方で、インスリンは脂肪細胞で取り込んだグルコースを中性脂肪として蓄積する働きがあることも知られています。
血糖値が一番高くなると言われている食後30分までは上昇を緩やかにする意味でも、「よく噛んでゆっくり食べる」を心がけたいですね!

食べる順番

先ずは温かいスープなどで少し空腹を満たしてから食物繊維の多い野菜・海藻・キノコ類を中心に食べ、血糖値の上昇を出来るだけ緩やかにしましょう。
皆さんと会話を楽しみながら過ごせば30分はあっという間です。
30分を過ぎてから、少しカロリーが高めの料理に舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。

料理のチョイス

沢山の美味しそうな料理を前にして、迷ってしまうチョイス…
カロリーが高い油やバターを出来るだけ使っていない料理となると、
イタリアンだとバーニャカウダ・鮮魚のカルパッチョ。
中華では油を使わない蒸し物で点心、油を使ってはいるけれど食物繊維が豊富な空心菜や青梗菜などの青菜の炒め物。
和食だと刺身やお寿司、あとは焼き物。
一般的な洋食であれば、タンパク質が豊富な赤身のお肉を使った料理やライ麦や全粒粉のパンを使った野菜サンドイッチをチョイス。
そして、シメにどうしても食べたくなるご飯やパスタは、エーイ!しょっちゅうあることじゃないから、ウーロン茶で誤魔化しつつ食べてしまえ~!
トホホ…これまでの苦労が水の泡…
そもそも女性にも嬉しいヘルシーメニューが用意されていれば、こんなに悩まなくて済むのに…

であれば、いっそのことヘルシーメニューを中心にした料理をケータリングして楽しいひと時を過ごしませんか?

そんなお悩みを解決してくれるのが
関東でケータリング事業を展開する「ケータリングスタイル

都内主要エリアを中心にリーズナブルで手軽に貸し切りパーティーが出来る上にケータリング事業を展開しており、とても心強いのです!

ケータリング内容はとても充実していて、サラダだけでも20種類近くあり、野菜ソムリエが厳選した野菜を使った女性に大人気のバーニャカウダ、5種類の豆を使ったビーンズマリネサラダ、春雨サラダなど嬉しいラインナップ!

人気商品Best10には、少量ずつ色々と食べたい女性のハートを鷲づかみの色とりどりで見た目も可愛い一口で食べられるピンチョスプレートや季節の野菜をたっぷり使った6種のオードブルなどがランクイン!

また肉類はシンプルな調理方法ながら見た目は豪華に野菜も沢山添えられて気になるカロリーも安心ですね。

まずは悩んでないで行動あるのみ!
せっかくの年末年始を楽しむために自分達でプランするヘルシーな宴を実現させてみませんか。

宴会・出張パーティーのケータリングスタイル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

G-Styleの最新の話題をお届けします。